HOME > 受託サービス > 医薬品

医薬品

医薬品

これまで培った幅広い技術と経験を基に、神戸天然物化学は創薬研究、プロセス開発研究、そして治験薬・ 原薬のGMP製造まで、医薬品研究開発及び生産のあらゆるステージにおいて一貫した支援を展開しております。

探索・創薬研究段階 基盤技術の融合による提案型創薬化学研究支援。

近年、創薬研究技術は目覚ましい発展を続けています。弊社は、お客様の創薬研究における様々なご要望にお応えするために、様々な基盤技術を統合してより高いレベルでより価値のある創薬研究の支援を目指しております。弊社が強みとする有機合成技術や精製技術を融合し、さらには遺伝子組み換えによる微生物や動物細胞を用いた二次代謝産物、酵素や抗体などのタンパク質の製造や、バイオコンバージョンによる変換産物の発現系構築と製造などを行い、新たな提案型の創薬化学研究支援を実現します。

探索・創薬研究段階

液相合成を中心に威力を発揮するコンビナトリアル合成装置
(LC-MS及び遠心濃縮装置)

開発段階 豊富な経験と実績の有機合成にバイオテクノロジーも付加。

弊社が最も豊富な経験と実績を持つステージです。開発初期では候補化合物や誘導体、対照薬、安定同位体標識化合物、代謝物・分解物などの医薬品開発関連化合物、 ペプチド、核酸、糖、ケミカルライブラリーなどを受託で合成・研究いたします。ご依頼の各種化合物を高品質かつ迅速にご提供するため、 ご相談に応じて最適な合成法の調査検討もご提案いたします。 さらに進んだステージでは、スケールアップ検討や治験原薬製造なども強力にサポートします。 また、この段階でどうしても避けられない場合の多いカラム精製プロセスにも対応可能です(250L及び300Lカラム管)。 機能材料事業向け同様、医薬事業向けにも、国内外を含め、それぞれ特徴を持たせた複数の拠点を有しており、最適なサイトでの実施をご提案いたします。
弊社は合成だけでなく、培養も行います。最大2,000Lまでの培養と分離精製についても、工業化を見据えた検討や生産をお引き受けいたします。

開発段階

プログラムコントローラを備えた150Lテフロンコーティング超低温反応容器
(オゾン酸化反応を中心に活躍)

工業化・生産段階 出雲工場を頂点とする神戸天然物化学の製造受託。

出雲工場にはcGMP対応の、6,000Lまでの各種反応容器22基、密閉型(連続式)遠心分離機やジェットミルをはじめとする充実したハード及びソフトを揃え、 医薬品原薬及び中間体の製造を行っています。各種反応を駆使した治験原薬製造の経験が豊富で、開発ステージから安心してお任せいただけます。 出雲工場は、医薬品製造業許可、向精神薬製造製剤業許可を取得しています。

設備/分析装置の紹介
原薬GMP対応の出雲第一工場の紹介

開発段階

出雲工場P-2(原薬合成)棟の1,000Lグラスライニング製晶析缶