HOME > 技術 > 培養

培養

培養

技術概要

微生物培養

一般微生物(大腸菌・放線菌・カビ・酵母など)や遺伝子組換え体(大腸菌・酵母など)の培養を受託致します。 さらに培養のみならず、得意とする分離精製技術を駆使して目的とするタンパク質、 二次代謝産物や生変換産物をmg~kgオーダーで提供いたします。 お客様から培地や培養方法のご提示が無い場合でも、弊社にて最適化を行い、 最大2000 Lまでスケールアップすることができます。培養から菌体除去までの作業エリアはP1レベルでの管理で 遺伝子組換え体を扱うことができ、GILSP対応も可能です。培養後の培地や菌体などは3000 L殺菌タンクで処理後焼却しており、環境への配慮も万全です。 また、培養液から溶媒を用いた抽出にも対応いたします。細胞培養

細胞培養

抗体やタンパク質などの生理活性物質を産生するCHO細胞、HEK293細胞あるいは昆虫細胞などの培養を行います。お客様に代わり弊社で発現系を構築することもできます。 フラスコレベルから25 L(培地量)までの培養が可能で、ディスポーザブルバック等を使用し、 交差汚染の低減を図っています。目的とする抗体やタンパク質の分離・精製(遠心分離、限外ろ過、クロマトカラム等)を行い、 溶液や凍結乾燥品として納品いたします。

実績

  • 放線菌、カビ、酵母の培養
  • 遺伝子組換え体(大腸菌・酵母など)の培養
  • pH/溶存酸素/温度等の検討、流加よる高密度培養
  • 組換えタンパク質、二次代謝産物の生産
  • 微生物もしくは菌体破砕により得られた酵素を用いた物質変換(バイオコンバージョン)・培養液から
    各種有機溶媒を用いた目的物の抽出、 遠心分離/膜分離/クロマトグラフィーによる精製

設備

製造設備
微生物培養 培養槽(2 L~2000 L)、遠心分離機(デュラバル式、シャープレス)フィルタープレス(1.4 m²・13m²)殺菌タンク(3m³)・細胞破砕機
細胞培養 WAVE式培養装置(最大25 L)・CO2インキュベーター・限外ろ過装置(~10 m²)
分析設備
電気泳動、プレートリーダー、UV-VIS、FT-NMR、MALDI-TOFMS

スケール/ステージ

微生物培養では、フラスコレベルの培養から、培養条件の検討から~2000 Lの培養槽を用いた培養まで可能です。 細胞培養では、フラスコレベルから25 L(培地量)までの培養が可能で、ディスポーザブルバック等を使用し、交差汚染の低減を図っています。目的とする抗体やタンパク質の分離・精製(遠心分離、限外ろ過、クロマトカラム等)を行い、溶液や凍結乾燥品として納品いたします。

50L培養装置  2000L培養装置
50L以上の培養設備    50Lまでの培養設備