技術紹介TECHNOLOGY

バイオコンバージョンBIO CONVERSION

技術概要

化学合成が困難であるものや非効率である化合物について、生体触媒(菌体や酵素)を利用し、少量の代謝物合成から商業生産にいたるまで効率よいソリューションをご提供します。

プロセス開発
への活用

神戸天然物化学の基盤である有機合成技術とバイオテクノロジーを合理的に組み合せ、原薬やその中間体およびファインケミカルズなど、様々な化合物のより良い合成プロセスをご提供します。例えば、多段階合成が必要である複雑な構造の化合物も、保護・脱保護工程の省略や、高選択的な反応の構築が可能になるなど、有機合成だけでは達成が難しい効率的な製造プロセスを開発します。さらに、化学合成・培養ともにGMP対応設備を保有し、目的に応じたソリューションをご提案します。
また、株式会社ダイセルから導入したChiralscreen®を活用し、様々な光学活性体の合成サービスをご提供します。Chiralscreen®を代表とする生体触媒ライブラリーについて、初期スクリーニングから商業生産まで一貫したご提案が可能です。また、GILSP対応実績も多く、スクリーニング結果に基づく組み換え体のデザインも可能です。

これまでの発酵・培養技術や多種多様な単離・精製経験も生かし、実用的な製造法を構築します。


化合物例

代謝物合成

動物組織ホモジネートあるいは遺伝子組み換え微生物を用いて、医薬品や農薬、健康食品などについて、それらの有効成分や関連化合物の代謝物をご提供します。例えば、化学合成が困難や、不安定であるグルクロン酸抱合体や水酸化体など、数mg~数gスケールで製造することが可能です。また、動物組織由来のミクロソームやサイトソル画分を活用し、グルタチオン抱合体や硫酸抱合体などの合成も可能です。 微生物や植物由来のCYPを導入した遺伝子組み換え大腸菌なども活用し、その代謝物(水酸化体やエポキシ化体)も製造します。[実績:SN-38G など]


HPLCやLC/MS/MSにて生成物の追跡を行うため、基質の化学構造を開示いただく必要はありません。化学構造が不明である未知の代謝物でも、複数のグルクロン酸抱合体やCYP代謝物などを一括でご提供できます。 実績のある化学合成法と併せ、創薬研究から臨床試験にいたる医薬品開発などの様々なステージのニーズに対応した代謝物製造で、お客様のご要望にお応えします。


SN-38G

SN-38G