HOME > 技術 > ペプチド合成

ペプチド合成

ペプチド合成

技術概要

固相法/液相法によるペプチド合成から非天然アミノ酸を含む各種修飾ペプチド、 コンジュゲートまであらゆるステージとスケールで受託します。

実績

生理活性ペプチド、酵素阻害剤・基質、核酸ペプチド、糖ペプチド、各種修飾ペプチド・蛍光標識ペプチド、 各種環状ペプチド(ジスルフィド含有、チオエーテル結合含有ペプチド、デプシペプチドなど)、各種ペプチドミメティックス、 非天然アミノ酸、アミノ酸誘導体、安定同位体標識ペプチド2H, 13C, 15N)、抗原ペプチド(エピトープの選択を含む)、 抗体作製用ペプチドコンジュゲート、その他、ラージスケールでのペプチド固相合成と精製

設備 分析設備紹介

ペプチド合成装置
8種同時パラレル合成用(1台)
全自動合成用(2台)
中量合成用(樹脂量20g、1台)
大量合成用(樹脂量100g、1台)
精製装置
分取HPLC、分取中圧HPLC
分析装置
HPLC、LC-MS、MALDI-TOF-MS

スケール/ステージ

ペプチド合成固相法、液相法の最適な方法により数mgから数kgのオーダーに対応。
創薬研究段階においては様々なペプチドをご相談に応じてデザインから合成・製造法までご提案いたします。
また、製造段階においては、固相合成による治験薬GMP製造体制の確立を目指しています。