技術紹介TECHNOLOGY

機能性有機材料(機能材料分野)FUNCTIONAL CHEMICALS (FINE CHEMICALS FIELD)

サービス概要

エレクトロニクス用機能性有機材料をはじめとした幅広い分野にわたり、研究開発支援用の少量サンプル合成からコマーシャル製造まで、シームレスに対応します。また、厳しい反応条件や操作上取り扱いが困難な薬品の使用が必要な場合、先行実験で検証の上、安全かつ安定的に製造できるよう改善に努めます。ISO9001の品質保証体制を構築しています。

製造設備の
ご紹介

工場スケールで、反応釜、カラムクロマト装置、濾過機、コニカルドライヤー等、各種化成品の合成設備を揃えています。ラボスケールでは、マイクロウェーブ反応器、光反応装置、オートクレーブなどの設備も用意しています。その他、特殊反応設備が必要な場合はご相談ください。

【反応釜】
300L~4,000L容量のSUS釜、150L~5,000L容量のグラスクライニング釜、80、300L容量のハステロイ釜にて各種化成品の合成に対応します。
【テフロン反応釜】
反応釜、配管、コンデンサー、受器タンクを含むオールテフロン使用の設備です。耐薬品性に優れており、ステンレス釜やグラスクライニング釜での有機材料合成時の腐食問題を解決します。

<設備仕様>

容量 500L
本体 テフロンライニング(NF-240ECコーティング)
撹拌翼 サタケ HS604インペラ(4枚羽根)
設計使用温度 -15℃~140℃
設計使用圧力 F.V.~大気圧
【コニカルドライヤー】
500L SUS製(乾燥温度20℃~80℃)、1,000L及び1,500Lグラスライニング製(乾燥温度20℃~120℃)で対応します。
【薄膜蒸留装置(短行程蒸留/SPD)】
「熱に不安定な化合物」や「高沸点化合物」の蒸留を得意とする連続蒸留可能な薄膜蒸留装置です。テストから生産スケールまでスムーズにスケールアップ可能です。
【昇華精製装置】
高温、高真空下において昇華性を有する化合物の精製を得意とする装置です。特にカラムクロマトでは精製し難い有機半導体、有機EL材料等の精製を行うことができます。
【ICP-MSシステム】
クリーンルーム内に設置されており、ppbレベル金属不純物の定量測定が可能です。

合成・製造実績

電子分野での機能性有機材料(液晶、有機EL、半導体レジスト等)の合成、各種化成品の合成実績を有しています。工場スケールでは安全性及び設備対応のスケールアップ検討を行います。数々の工場生産実績もあることから工場生産へもスムーズに移行します。